aga治療の月々にかかる治療費

男性の薄毛の原因は様々ですが、自力で改善するのが難しいのがagaです。agaは、遺伝や男性ホルモンの影響などによって引き起こされる薄毛のため自力での改善が難しいとされています。そのためしっかり薄毛を開園したい場合には、クリニックの治療が有効となっています。

治療を行う場合には月々どれぐらいの治療費がかかるのか、などを知ることによって治療は受けやすくなります。

agaの原因とは

aga治療を始める前には、まずagaの原因を知っておくことが大切です。agaとは「Androgenetic Alopecia」の略で日本語では「男性型脱毛症」と呼ばれる症状になります。思春期以降に発症して髪の生え際や頭頂部、あるいは両方から薄くなっていきます。

一般的に遺伝や男性ホルモンが原因となっていると考えられており、進行性の脱毛症ですので放っておくとどんどん薄毛は悪化します。しかし、薄毛は自覚することは難しいため注意が必要です。自覚をするためにはチェックリストなどを利用することによって自覚することができます。

agaの原因となるのはジヒドロテストステロンと男性ホルモンで、この男性ホルモンが増えることによってヘアサイクルを乱すことによって薄毛を進行させてしまいます。ヘアサイクルは正常であれば髪の毛が太く成長する成長期、毛が退化し始める退行期、毛が抜け落ちる休止期というサイクルを繰り返しています。

しかし、男性ホルモンが増えると毛が成長しきる前に抜け落ちてしまったり、きちんと成長しないことで細い毛が増える状態になり薄毛につながります。早めのケアをすれば状態を維持することや髪の毛を育毛できるため、薄くなってきたと感じた場合にはすぐに治療を開始することがオススメです。

aga治療の費用相場

遺伝や男性ホルモンが原因のagaは自力で改善するのは難しいですが、クリニックでケアすることによって治療することは十分にできます。そんな治療を行う前に気になるのが、治療方法と月々の治療費がどれだけかかるか、ということだと思います。

治療方法や治療費の費用相場を知ることによってクリニックを選びやすくなるなどのメリットを得られます。まず、aga治療は投薬治療が一般的です。投薬以外には、注入治療や自毛植毛などがありますが、基本的には投薬治療が行われることが多いです。

一般的に行われる投薬治療の場合、月に一度の通院によって効果を発揮します。その時にかかる費用相場としては約15000〜17000円ほどが一般的です。それに加えて、診察料も約3000〜5000円ほどかかり、総額18000〜22000円ほどかかります。

中には診察料が無料のクリニックがあったり、40000円以上で治療を行なっているクリニックあるため診察料まで注意が必要です。他の治療方法も併せて行う場合には、治療費はさらに高くなります。

aga治療は、一般的な病気や怪我ではないため健康保険が適用されない自由診療になるため治療費は高くなっていきます。医療費控除は適用されないため、全額負担となるためカウンセリングをきちんと受けて、自分の治療はどれだけ費用がかかるかを聞いてから治療を開始することが大切です。

ただし、aga以外の病気がきっかけで薄毛になっているという場合には、例外的に医療費控除対象になるケースもあります。

aga治療の治療方法と費用

aga治療の治療費は治療方法によって費用は大きく変わってきます。治療方法の違いによって効果や費用の違いを考えた上で、治療を開始することが薄毛のしっかりした改善につながります。一般的に行われる投薬治療の相場は月々約15000〜17000円ほどですが、投薬治療で処方される薬は複数あるため、患者の状態や望む効果、予算に合わせて患者自身がある程度決めることができます。

ただし、投薬治療の場合すぐに効果を発揮するわけではなく、最低でも6ヶ月程度は投薬を続ける必要があります。そのため長期的に費用がかかってくることを理解してから治療を開始することが大切です。次によく行われるのが「メソセラピー」や「HARG療法」と呼ばれる治療方法です。

これらは、agaに効果的な有効成分を注射を使って直接頭皮に注入して薄毛を改善する治療方法になります。この治療にかかる相場は月々約50000円〜120000円と幅が広いです。

これも自由診療のため治療費は比較的高くなります。HARG療法の方が、費用が高くなる傾向があります。また、注入治療は投薬治療の効果を高める補助療法として行われることが多く、注入治療だけではなく投薬治療費もかかるケースがよくあるため注意して治療します。

薄毛の治療の最終手段として行われるのが、「自毛植毛」です。自毛植毛は文字通り、自分の後頭部や側頭部などの男性ホルモンの影響の受けにくい部分の毛を薄くなった部分に植毛するという治療方法です。移植にかかる費用は移植する毛穴の数によって異なります。

クリニックによって幅があり、費用相場は一概には言えませんが、他の治療方法よりも高額なことは確実なのが現状と言えます。ただし、高価な分だけagaをしっかり治療することができ、一回の治療で効果を実感できる上、継続的な治療が必要ないというメリットがあります。

クリニックの選び方

aga治療を行う場合には、月々にかかる治療費も重要ですがクリニック選びも重要となってきます。一番注意したいのが、aga治療の実績が豊富にあるか、ということです。治療実績が豊富にあるということは、それだけノウハウがあり効果が期待できるということでもあります。

多くの実績があるクリニックであれば、治療薬の副作用が出てしまったとしてもすぐに対応してもらえます。投薬治療の場合、ミノキシジルを処方して貰えるかも重要です。ミノキシジルは発毛を促す効果ある薬で、一部のクリニックのみでしか処方してもらえないのが現状となっています。

薄毛を抑制するだけではなく、髪の毛を増やしたいのであればミノキシジルを処方してくれるクリニックを選びます。治療費が続けられる価格であるかも重要です。基本的にaga治療は長期的な治療が必要となってくるのが一般的で、治療効果を発揮させるためには、必ず月に一回は通院することが必要となります。

そのためクリニックでは月一回の投薬治療にどれだけのお金がかかるのかなど、価格を記載しているクリニックを選ぶことなども大切となります。

aga治療に関するおすすめ情報

医療ローンには注意

aga治療は、自由診療ですので基本的にどんな治療方法であれ高額な治療費になる傾向があります。そのためカウンセリングの時点で、高額な医療ローンを契約させられてしまったというケースもあるため注意が必要です。

確かに治療費は重要ですが、患者の経済的な問題にも考慮した治療プランを考えてくれるクリニックはたくさんあります。そんなクリニックを探して、自分の予算に合ったクリニックで治療することが長くaga治療を続けていくためのポイントと言えます。